頭痛でお悩みの方へ

頭痛によくある症状

  • めまいや耳鳴りが1週間に一回以上ある方

  • 頭痛が1週間に1回以上ある

  • 肩コリから頭痛になることが多い

  • 長時間のデスクワークで頭痛になる

  • 頭痛と共に光がまぶしい

  • 人混みにでると頭痛がする

  • 頭痛で鎮痛剤を使うことが多い

  • 頭痛で鎮痛剤が手放せない

あなたの頭痛はどのタイプ?

頭が痛くなったことなんて一度もない、という方はあまりいないのではないでしょうか。

誰もが経験する頭痛ですが、ひとえに頭痛といっても、いろいろなタイプがあります。頭痛には、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などの種類に分けられます。 頭痛のタイプによって対応も異なるので、まずは自分がどのタイプの頭痛であるのかを把握することが大切です。

厚木腰痛肩こり整体研究所メニュー Menu

つらい頭痛、その原因は?

緊張型頭痛に悩む人は、日本には2000万人もいると推計されています。 緊張型頭痛は、長時間同じ姿勢をとっていたり、姿勢が悪かったり、眼精疲労などが原因で起きることが多いです。頭から背中の筋肉において、コリや張りを伴うことが特徴です。

片頭痛は、日本では約840万人程いると推計されています。女性に多く、その人数は男性の3~4倍です。 月経サイクルに伴って起きる人も多く、女性ホルモンとも関係があると考えられています。その他、睡眠不足やストレス、食事も一因となっています。人ごみや騒音が発作の誘因となる人もいます。

群発頭痛は、目の奥やその周辺が激しく痛みます。同時に目が充血したり、涙や鼻水が止まらなくなったりします。症状は1~2か月も続くので、その期間を群発期と呼んでいます。群発頭痛は男性に多く、その起こりやすさは女性の3~7倍です。原因は、脳の視床下部という部分が関係していると考えられています。視床下部が刺激を受けて、三叉神経痛のような状態になります。因果関係ははっきりとしていませんが、喫煙者に多いことから、喫煙も一因である可能性も高いとされています。また群発頭痛は、アルコールを摂取すると高確率で頭痛が起こると言われています。

他にも薬物乱用頭痛と呼ばれている頭痛もあり、鎮痛剤の使い過ぎが原因で起きる頭痛です。以前は効果があった鎮痛剤が効かなくなってくるケースが多く、目安として1か月に10日以上鎮痛剤を飲んでいる人は要注意と言われています。

頭痛はこんな方法で改善されます!

緊張型頭痛の場合は、ストレッチで肩や首の筋肉をほぐすことが大切です。デスクワークの人は、1時間に1回くらいは作業を中断して肩や首を動かしましょう。

片頭痛の人は、食べ物との関係を見てみることをおすすめします。血管を広げる作用のある食べ物は、片頭痛の原因となることがあるからです。 ワインやチーズ、チョコレートなどを食べた後に頭痛が起きていませんか?

薬物乱用頭痛は、思い切って鎮痛剤を止めることが重要です。また、睡眠時間を一定にすることも重要です。

いずれの頭痛も、頭痛ダイアリー(頭痛日記)を付けてみてはいかがでしょうか。頭痛の有無だけではなく、その痛みの強さや、月経の周期、仕事が忙しくストレスが多かったかどうか、鎮痛剤の服用状況なども記入しましょう。食事内容と頭痛が関係していそうな時は、食べた物も記入しておくのがベターです。

頭痛ダイアリーを1か月程続けることで、どんな時に頭痛が起こりやすいかなどの傾向がわかってきます。

月経と関係している人は、その時期は忙しくなるような予定を入れないなどの工夫をしてみましょう。食事内容と関連がありそうな人は、原因が疑われる食品を避けるようにしましょう。

もし、いきなりバットで殴られたような頭痛が起きたような場合はくも膜下出血の可能性もあります。いつもの頭痛とは違う違和感がある場合はは無理をせずに医療機関に相談してみましょう。

当院の頭痛に対するアプローチ

日本人の多くが大なり小なり頭痛を抱えているとされており、腰痛や歯周病と並んで国民病と言われることもあります。

緊張型頭痛は、首や肩周りの筋肉が緊張することで血管を圧迫し、脳への血流が不足することで起こります。逆に片頭痛は、脳への血流が急に増すことで起こります。つまり、緊張型頭痛と片頭痛はある意味表裏一体であるとも言えます。

もし、頭痛で医療機関へ行き「原因不明」と診断を受け悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、原因不明とされる頭痛の多くに「血流」が関わっています。つまり、普段から一定の速度で血液が循環していれば、緊張型頭痛も片頭痛も起こりにくくなるのです。

そのため、厚木腰痛肩こり整体研究所では、頭に近い首や肩への負担を減らす調整を行うだけでなく、ふくはらぎの施術もおこないます。なぜなら、ふくらはぎを入念にマッサージ&ストレッチすることで、身体全体の血流が改善するからです。

慢性頭痛に悩まされている」「どこに行っても頭痛が治らない」「頭痛が出たら温めるのか冷やすのか分からない」と言う方は、一度、厚木腰痛肩こり整体研究所までご相談ください。

  関連コラム Column

   おすすめトピックス    Topics

当院のご紹介 About us

院名:厚木腰痛肩こり整体研究所
住所〒243‐0201 上荻野255-8
最寄:小田急電鉄 本厚木駅発 バスで30分(東谷戸入口下車)
駐車場:P3台有
                                                                                                                             
曜日 日・祝
受付時間 10:00

20:00
10:00

20:00
- 10:00

20:00
- 10:00

18:00
10:00

18:00

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウントフォローお願いします!