ご自分でできるケアをお試しください

野球ボールを使ったケア

野球ボールを使うことで自分でツボ押しをして身体のケアをすることができます。野球ボールでのケアにはどのようなものがあるか紹介します。

まずはお尻のツボ押しケアです。ツボを刺激したい方のお尻の下に野球ボールを置き、少しずつ体重をかけて座っていきます。刺激が心地良い場所が見つかったら、体重のかけ方を前後に変えながらゆっくりと刺激していきます。お尻のツボを刺激することで、下半身の冷えや疲労感を緩和することができます。

次は太ももやふくらはぎのケアです。野球ボールをしっかりと握って、太ももやふくらはぎの骨格に沿うように押し当てて動かしていきます。足を延ばした状態で力強く野球ボールを当てていくのがコツです。刺激の気持ちよい場所があれば野球ボールで叩くようにしてさらに刺激すると良いでしょう。足の疲労の緩和や血行の促進が期待できます。

最後はお腹のツボ押しケアです。床に野球ボールを置いた状態でその上にうつぶせになって、刺激が心地良い場所のツボを探してゆっくりと押し当てるようにします。ツボが見つかったらしばらくそのままの姿勢で刺激し続けましょう。

内臓の調子を整えて健康的な状態にし、神経を落ち着ける効果が期待できます。

三角筋を刺激するケア

自分でできる三角筋のケアにはどのようなものがあるか紹介します。

三角筋とは肩甲骨から上腕にかけてを覆っている筋肉で、腕を動かすために大きな役割を果たしています。三角筋をきちんとケアすることで、腕の痛みや動きの悪さを緩和することができます。

三角筋を刺激するケアのひとつが、ストレッチをすることです。両腕を胸の前で交差させて、片手でもう片方の腕の肘をしっかりとつかんで引き伸ばします。三角筋が気持ちよく伸ばせるような場所を見つけてしばらく伸ばし続けてください。このストレッチ運動を左右両方で行います。

三角筋を引き伸ばすことで刺激を送り込むことができ、肩や腕にたまった疲労を緩和して楽にすることができます。 もうひとつの三角筋を刺激するケアが、セルフマッサージをすることです。指をそろえて反対側の腕の三角筋に当てて、硬くなっていると感じる部分に優しくマッサージを行います。あまり強い力を加える必要はないので、丁寧に揉みほぐすようなマッサージをするようにしてください。

片腕ごとにマッサージを行って、腕の動きがすっきりした感覚になるまで繰り返して刺激を送り込みます。上手くマッサージができれば腕の動きが快適なものになります。

固まったお腹周りの筋肉を柔らかくするケア

人によってはお腹周りの筋肉がこわばってしまい、硬い場所ができていることがあります。特に肝臓の周辺にある筋肉は硬くなりやすく、身体の不調の原因となることもあります。

そこで、お腹周りの筋肉を柔らかくするケアについて解説していきます。 まず解説するのは腹斜筋のストレッチです。

腹斜筋は身体の横側にあるお腹を構成している筋肉で、腹斜筋がこわばっているとお腹や腰周りの動きが制限されてしまい、不自然になってしまうことがあります。そこで必要となるのが腹斜筋のストレッチです。椅子に座った状態で左手を右足の太ももに置き、身体をしっかりと右側にひねっていきます。20秒から30秒間その状態を続けたら、逆方向にも同様に体をひねります。このストレッチで腹斜筋を引き伸ばして、お腹周りを柔らかくすることができます。

次に解説するのは腹直筋のストレッチです。腹直筋はお腹の中央に縦方向に伸びている筋肉で、身体を曲げたり伸ばしたりする役割を持っています。腹直筋が硬いと身体の動きが悪く、バランスがとりにくくなります。そこで必要となるのが腹直筋のストレッチです。正座した状態から上半身を前に倒し、両手を伸ばして床に付けます。

そのまま腕の力で上半身を起こし、骨盤を床につけた状態を30秒保ちます。これを数回繰り返すことで腹直筋を柔軟にすることができます。

   おすすめトピックス    Topics

当院のご紹介 About us

院名:厚木腰痛肩こり整体研究所
住所〒243‐0201 上荻野255-8
最寄:小田急電鉄 本厚木駅発 バスで30分(東谷戸入口下車)
駐車場:P3台有
                                                                                                                             
曜日 日・祝
受付時間 10:00

20:00
10:00

20:00
- 10:00

20:00
- 10:00

18:00
10:00

18:00

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウントフォローお願いします!