腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • 前かがみになると
    痛みが心配で
    ついつい腰に手を
    当ててしまう

  • 腰を反らすと
    ズキズキとした
    痛みを背中に
    感じる

  • スポーツに夢中に
    なりすぎて
    腰を痛めた

  • ここ数年間腰痛に
    悩まされている

慢性的な腰痛とどう付き合っていくべき?

腰痛は「慢性化しやすい身体の不調」です。
少し腰を動かしただけでも痛みが現れるため、
身体を動かすことが怖くなっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、何もしないままにしておくと
さらに深刻な状態に陥ってしまうかもしれません。

 

腰痛の原因は「姿勢の悪さ」「運動不足」など
日常生活が原因となっている場合が大半ですが
なかには病気が原因となっているケースもあるため注意が必要です。

 

ここでは、腰痛の代表的な原因や対処法、予防法について詳しくご紹介していきます。

Menu

腰痛持ちになってしまった原因とは?

「どうして腰痛持ちになったのか分からない」と悩んでいる方は少なくありません。
しかし、理由が分からないまま放置していると、根本的な原因が解消されないため、痛みが悪化してしまう恐れがあります。
腰痛を改善するためには、まず痛みの原因を明らかにすることが大切です。
次のような要因や病気が腰痛と関係しているといわれています。

 

【日常生活が原因となっている腰痛】

腰痛の85%は、原因の特定が難しい「非特異的腰痛」に分類されます。
明らかな原因を突き止めることは困難ですが、次のような要因が影響を与えていると考えられています。

 

●姿勢の悪さ

姿勢が悪い状態が続くと、背中の筋肉や関節に負担がかかりやすくなり、腰痛の症状をもたらすことがあります。
うつむきながらスマホをみる方や長時間のデスクワーカーなどに多くみられます。

 

●運動不足

運動不足による背筋の衰えや柔軟性の低下が腰の骨に負担をかけ、腰痛を起こす原因となります。

 

●寝不足

睡眠時間が不足すると身体に疲れが残り、痛みに対して過敏に反応してしまいます。
「夜なかなか寝付けない」「深夜に目が覚める」「熟睡感が得られない」などの症状がある方は、腰痛を感じやすい傾向があります。

 

●内臓疲労

内臓疲労が溜まると、内臓の壁に存在する「平滑筋(へいかつきん)」が硬く収縮するといわれています。
このとき、平滑筋に引っ張られて背中の筋肉も一緒に硬くなってしまうことで、腰の痛みがもたらされます。

 

●冷え

腰痛は血液の流れが悪くなることも要因の1つだといわれています。
身体が冷えると自律神経が筋肉や血管を収縮させ、血行が悪くなり腰痛の発症につながります。

 

●気候の変動

季節の変わり目にみられる気候の変動に身体がついていかず、自律神経のバランスを崩してしまう方もいらっしゃいます。
自律神経のバランスが崩れると身体が疲れやすくなり、腰痛を発症するリスクが高まります。

 

 

【病気が原因となっている腰痛】

腰痛の原因はさまざまですが、なかには病気が原因となっている場合もあります。

●腰椎椎間板ヘルニア

加齢などにより背骨でクッションの役割をしている「椎間板」というゲル状の組織が飛び出し、周囲の神経を圧迫することにより痛みを生じる症状です。

 

●腰椎椎間関節症

背骨の後方にある「椎間関節」という関節周辺で炎症が起こります。

 

●腰部脊柱管狭窄症

椎間板や腰椎が変形・変性により、神経の通り道である「脊柱管」が骨などの圧迫を受け、狭まってしまうことにより痛みを生じる病気です。

 

●脊柱分離症/すべり症

背骨を構成する椎間関節の一部の骨が分離したり前後にずれたりする症状です。
分離症は、腰に繰り返し負荷が加わるスポーツなどで多くみられ、若年者でも発症するリスクがあります。
一方、すべり症は中高年の方に多くみられます。

 

【腰の痛みの特徴】

腰痛の痛みは次の3タイプに分類することができます。

●腰を丸めると痛い

長時間のデスクワークをする方に多い腰痛です。
椎間板に何らかの問題が生じている可能性があります。

 

●腰を反ると痛い

腹筋が弱く、反り腰の姿勢になっている方に多い腰痛です。
背骨の後方にある椎間関節の異常が考えられます。

 

●腰を左右にひねると痛い

腰をひねる動作は本来の腰の運動にはないため、原因に関わらず腰痛全般の症状として現れやすいといわれています。

今日から実践できる腰痛の対処法・予防法

腰の痛みは慢性化しやすく、日常生活にさまざまな支障をきたします。
「そのうち治るだろう」と腰の痛みを放置していても、痛みは緩和することはありません。
日常生活に問題がある場合は、悪い習慣を改善することが第一です。
すでに腰痛に悩まされている方向けの対処法と、これから腰痛にならないようにする予防法についてご紹介します。

 

【腰痛の対処法】

●ストレッチ

・腰を丸めると痛い場合

背筋を伸ばすストレッチを行いましょう。
腰を丸めると痛い場合、背骨のS字カーブが崩れている可能性があります。
手を後ろで組み、左右の肩甲骨を寄せるようにして腕を伸ばしましょう。

 

・腰を反ると痛い場合

前屈など腰を前に伸ばすストレッチを行いましょう。
「腰部脊柱管狭窄症」による腰痛の緩和効果が期待できます。

●セルフマッサージ

背骨や骨盤周りをマッサージすることで、筋肉がほぐれ痛みが緩和することがあります。
また、ウエストのくびれの高さにある「志室(ししつ)」「腎兪(じんゆ)」という背中のツボは腰痛に効くといわれています。
ツボを刺激するときは、息を吐きながら親指でじっくり回すように押しましょう。

 

●体操

腰痛を改善するためには、「腹筋」「背筋」バランスよく鍛えることが大切です。
体操を行うときは、鍛えたい筋肉に意識を集中させ、ゆっくりと呼吸するようにしましょう。

 

●温める

筋肉のこりや冷えからくる腰痛は温めることで、筋肉がほぐれやすくなり症状が楽になることがあります。
蒸しタオルや使い捨てカイロなどで腰周りを温めてみましょう。

 

●姿勢の改善

痛みを感じる姿勢は、腰に「負担」がかかっている状態です。
痛みが出ているのにもかかわらず無理に姿勢を保ち続けると、ますます症状が悪化します。

腰を少しずつ動かしてみると、楽に感じられる姿勢がみつかります。
症状が落ち着くまでは、痛みが現れにくい姿勢を保つようにしましょう。

 

【腰痛の予防法】

●身体に疲労を溜めない

身体に疲労が蓄積されると、筋肉が硬くなり腰痛の原因となることがあります。
疲れを翌日に持ち越さない工夫が大切です。

時間が取れる日は、お湯の温度は40℃前後のぬるめの湯舟に浸かるようにしましょう。
お気に入りの入浴剤を使うと、気分転換にもなりリラックス効果が得られます。

また、睡眠には身体に蓄積されたダメージを修復する役割があります。
疲れた日は早めに休み、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

●同じ姿勢を長時間取り続けない

長時間同じ姿勢が続くと筋肉がこり、痛みの原因となります。
デスクワークが中心の方は1時間に1回程度、椅子から立ち上がり軽く身体を動かして筋肉をほぐすことを意識しましょう。

 

●冷えを防ぐ

・温かいものを積極的に食べる

冷えの予防に有効です。
温かいスープや飲み物を摂ることで、身体の内側から温まり腰痛の原因となる冷えの予防が期待できます。

 

・腰周りを温める

薄着をしていると腰周りが冷え、血行が悪くなり腰痛の原因となることがあります。
腹巻や使い捨てカイロなどで腰周りを温めることが有効だといわれています。
腰痛は日々の心がけ次第で対処・予防が可能です。
できることから始めてみましょう。

厚木腰痛肩こり整体研究所【腰痛】アプローチ方法

腰痛を訴えて病院や整形外科を受診しても、そのほとんどが原因不明とされることが多いです。
では、腰痛のほとんどは「気のせい」ということなのでしょうか。

「気のせい」では済まされないほど腰痛に悩んでらっしゃる方も少なくはないと思います。

実は、「レントゲン」「MRI」では骨や神経を確認しますが、「筋肉」「筋膜」「腱」「靭帯」といった軟部組織を見ることはあまりないようです。

そのため、「原因不明」とされてしまうことがあるのです。
腰痛の多くは、軟部組織の緊張や損傷によって生じているのです。

厚木腰痛肩こり整体研究所では、骨格を調整することで軟部組織の状態を調べ、腰痛の根本的な改善を図ります。
また、痛みが強い場合は骨格調整をする前に痛みを和らげる施術をおこなっています。

  関連コラム Column

   おすすめトピックス    Topics

当院のご紹介 About us

院名:厚木腰痛肩こり整体研究所
住所〒243‐0201 神奈川県厚木市上荻野255-8
最寄:小田急電鉄 本厚木駅発 バスで30分(東谷戸入口下車)
駐車場:P3台有
                                                                                                                             
曜日 日・祝
受付時間 10:00

20:00
10:00

20:00
- 10:00

20:00
- 10:00

18:00
10:00

18:00

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウントフォローお願いします!