スポーツパフォーマンス向上メニュー

あなたのスポーツパートナーになりたい

当院はただ痛みを軽減させたり、あるいはケガを緩和するだけの施術ではありません。その先にある競技での成功も施術によってお手伝いします。可動性を上げるのはもちろん、筋力トレーニングのアドバイスや実際に補助をすることで真剣にスポーツへ取り組む方のパートナーとなり、スポーツパフォーマンスの向上が期待できる施術を目指します。

スポーツパフォーマンス向上メニューを受ける方によくある症状

  • ピッチャーなので肩の可動域を広げたい

  • サッカーで当りに強くなりたいので体幹筋を鍛えたい

  • 俊敏な動きを獲得して剣道で役立てたい

  • 下半身やインナーマッスルを鍛えて陸上の記録を上げたい

  • テニスの試合に耐えられるスタミナを手に入れたい

  • バレーボールに必要な跳躍力を高めたい

  • 体操の成績を上げるために全身の可動域を広げたい

  • バスケットボールのフィジカルを高めたいのでインナーマッスルを鍛えたい。

スポーツパフォーマンス向上とは?

スポーツパフォーマンス向上とは、ただ筋力を高めたり、可動性を高めることではありません。その競技の特性やさらに踏み込んでポジションごとの特性に注目し、それらに適した可動性、筋力、敏しょう性や平衡感覚の獲得をすることです。もちろんメンタルや体調などトータルで向上させることも重要です。

スポーツパフォーマンス向上メニューで期待できること

ポーツパフォーマンス向上メニューで期待できることは、可動性の向上や動きのスムーズさ、筋出力の向上、そして障害を未然に防ぐことでより競技に集中できることが挙げられます。

可動性の向上は、自分が本来持っているポテンシャルを引き出すことにもつながります。筋力があるのにそれを効率よく出すことができないと、球技であれば球威、コンタクトスポーツであれば技のキレ、体操などの審美的要素のあるスポーツであれば美しい動きを作り出すことができません。適切な施術を受けることで、動きのスムーズさも同様に球威や技のキレ、美しさを獲得できます。

それだけでなく、動きのスムーズさは疲労しにくい身体や反応性の向上というような要素もあります。当然筋出力の向上も期待できます。この要素は直接数字に出る陸上のような競技の高パフォーマンスに結果となって表れることも多いです。

さらに、これらの要素を高めることで障害を未然に防ぐことが期待できます。ケガや障害を抱えていると、どんなにメンタルが強くてもスポーツに集中することが難しいので、これも重要な要素です。

スポーツパフォーマンス向上メニューを受けるとこのようなことが期待でき、スポーツをするにあたってさまざまな好影響を与えます。

スポーツパフォーマンス向上メニューのアプローチ方法

スポーツパフォーマンスを向上させるためには、脳から出される信号を的確に目的となる筋肉に伝える必要があります。また、脳からの信号を受けたときに、筋肉が迅速かつ正確に動作することが重要です。

そのために必要となるのが筋力であり、関節の柔軟性であり、関節の可動域である訳です。仮に脳からの信号が筋肉に的確に伝わったとしても、脳がイメージする出力を筋肉が発揮できなければ、肉離れなどのけがにつながります。

また、関節の柔軟性に欠け、関節の可動域が狭かった場合、靭帯を損傷したり、腱を断裂したりするリスクが高まります。最近は小さいころから特定のスポーツをおこなう児童や生徒が増えており、スポーツ障害を発症する事例が増えています。

スポーツをおこなう際にもっとも重要なのは、全身の絶妙なバランス状態です。例えば野球の投球動作をおこなう場合、最初に可動する関節は足関節や膝関節、そして股関節です。これらの関節の可動域が十分ではない場合、結果として肘関節や肩関節に余計な負担がかかるのです。

院長である私橋元自身、小学生の頃から野球に親しみ、高校生の頃には野球肩を発症した経験があります。そして、自分の肩の痛みを、自分で学んだ整体技術で改善した経験もあります。

ご縁あってこれまでに多くのスポーツ選手の悩みに対応してまいりましたので、スポーツパフォーマンスを向上させ、ケガを予防したいという方は安心してご相談ください!

スポーツと身体の関係について納得していただけるまで説明をして施術をおこないます。

 

よくある質問 FAQ

  • どのような方がメニューを受けていますか?
    部活に参加している中高生や社会人スポーツを頑張っている方などが受けています。
  • マイナーなスポーツをやってますが対応していますか。
    できます。マイナーなスポーツであっても、施術メニューはメジャースポーツの応用であったり、それらの複合的なものも多いので向上が期待できます。
  • 少し前からケガをしていますが、利用できますか。
    利用できます。ケガの治療を行いながら、それ以外のケガをしていない場所を向上させることができます。
  • 少し前に手術をしています。病院に行きながら利用できますか。
    基本的には可能ですが、まず状態を確認させてください。状態によってはお断りする場合もあります。
  • 部活後で汗をかいていても大丈夫ですか。
    問題ありません。タオルなどありますし、汗が引いてから施術を行ったり柔軟に対応します。

  関連コラム Column

   おすすめトピックス    Topics

当院のご紹介 About us

院名:厚木腰痛肩こり整体研究所
住所〒243‐0201 上荻野255-8
最寄:小田急電鉄 本厚木駅発 バスで30分(東谷戸入口下車)
駐車場:P3台有
                                                                                                                             
曜日 日・祝
受付時間 10:00

20:00
10:00

20:00
- 10:00

20:00
- 10:00

18:00
10:00

18:00

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウントフォローお願いします!