頭痛でお悩みの方へ

頭痛によくある症状

  • 締め付けられる
    ようなつらい頭痛
    に悩まされている

  • デスクワーク中心
    で肩こりがひどく
    夕方になると
    頭痛がする

  • 雨の日は頭痛が
    起きることが多く
    気分が沈む

  • 頭痛を気にせず
    楽しく外出したい

ご自身の頭痛のタイプをチェックしてみましょう!

病気が原因ではない頭痛のことを「一次性頭痛」と呼びます。
一次性頭痛は「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つに分類されます。

 

緊張型頭痛や片頭痛は男性よりも女性に起こりやすい頭痛として知られており
両者が同時に起こる方もいらっしゃいます。

一方、群発頭痛は男性に多く、明確なメカニズムは解明されていません。
3つの頭痛には、それぞれ特徴があり、症状や対処法も異なります。

 

ここでは、症状や原因、対処法などについて詳しくご紹介します。

頭痛でお悩みの方におすすめのメニュー Menu

あなたの頭痛は緊張型頭痛?片頭痛?

「頭痛」といっても、実はさまざまな種類があることをご存知ですか。
繰り返し起こる頭痛は「一次性頭痛」と呼ばれており、「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の大きく3つに分類されます。

頭痛にはそれぞれ特徴がありますが、なかには2つの頭痛が混在して起こる方も少なくありません。
ここでは、女性に多い緊張型頭痛と片頭痛についてご紹介します。

 

【緊張型頭痛の症状】

緊張型頭痛は、頭や首、肩などの筋肉の緊張が主な原因だといわれています。
「ギューッ」と頭全体を締め付けられるような痛みが特徴です。
慢性化するケースもみられ、頭痛が数ヶ月間続くこともあります。

 

【緊張型頭痛の原因】

緊張型頭痛の主な原因として、次の3つが考えられます。

●食べ物

血行を悪くする作用がある食べ物を口にすると、緊張型頭痛が起こります。
「冷たいもの」「甘いもの」「カフェイン」が含まれた食べ物・飲み物などには注意が必要です。

 

●噛み締め

緊張型頭痛の原因の1つとして、歯の噛み締めが考えられます。
強く噛みしめると、瞬間的に200kgの力が加わっており、通常リラックスしている状態で口を閉じているときは、上下の歯の間には隙間が生まれます。

しかし、「スポーツでの力み」「ストレス」などの影響が生じると、無意識のうちに歯を強く噛みしめてしまうことがあります。

●ストレス

「精神的ストレス」による筋肉の緊張や、姿勢不良などによる「身体的ストレス」なども緊張型頭痛になる原因だと考えられています。

 

【片頭痛の症状】

片頭痛は、急激に脳の血管が拡張することで生じるといわれています。
「ドクンドクン」脈を打つような痛みが特徴で、光やにおいなどに過敏に反応し、「吐き気」を伴う場合があります。

発作の時間には個人差がみられますが、数時間から数日間くらい続くこともあります。

 

【片頭痛の原因】

●睡眠

寝過ぎてしまうことが、片頭痛の原因となることがあります。
睡眠中は、「副交感神経」が過剰に働き血管を拡張し、血圧を低下させてしまうことで三叉神経が刺激され、片頭痛を起こすと考えられています。

 

●女性ホルモンの変動

片頭痛は男性よりも女性に多いことから、女性ホルモンの変動が何らかの影響を及ぼしているといわれています。
女性ホルモンのなかでも、「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が減少すると、セロトニンの生成量も減ります。
セロトニンには、血管の収縮をコントロールしたり、痛みを鎮める作用があるため、分泌量が減っている女性は頭痛を感じやすくなるといわれています。

 

●気候

気圧の変化も片頭痛を招く要因の1つであるといわれています。
特に、気圧が急激に低下する日に片頭痛の症状を訴える方は少なくありません。

これは、自律神経が関係していると考えられています。
気圧の変化を感じ取って交感神経を優位に切り替える際に、痛みを感じる神経を刺激しているためではないかといわれています。

頭痛が起こってしまったらどうしたらいいの?

ひどい頭痛に襲われた場合、どうしたらよいのでしょうか。
頭痛はタイプごとに対処法が異なります。

ご自身の頭痛がどのタイプなのかをチェックした上で、適切な対処を行いましょう。
また、頭痛を予防するためには、身体に悪い習慣を改善することが大切です。
ここでは、代表的な3つの一次性頭痛の対処法・予防法についてご紹介します。

 

【緊張型頭痛の対処法】

●仰向けになる

緊張型頭痛は、仰向けになると楽になるといわれています。
また、首や肩の筋肉への負担を軽減するために、身体に合った寝具を使うことも大切です。

 

●姿勢を正す

筋肉を緊張させる姿勢不良は、頭痛を悪化させる要因の1つです。
背筋を伸ばし、あごを引いた姿勢を心がけましょう。

頭痛を緩和させるためには、肩や首周りのこりを和らげることが大切です。

 

●ストレッチをする

首筋や肩にこりを感じたら、ストレッチで筋肉をほぐすようにしましょう。
筋肉の緊張が緩和することで、症状も軽くなります。

特にデスクワーク中心の方は、1時間1回程度は身体を動かしましょう。
こりを感じる部分を蒸しタオルなどで温めたり、入浴したりすることも緊張型頭痛の緩和につながります。

 

【片頭痛の対処法】

●静かな場所で休む

片頭痛の発作が生じているときは、神経が過敏になり些細な刺激でも気持ち悪く感じてしまいます。
暗くて静かな場所でゆっくり休みましょう。

 

●頭部を冷やす

痛みがある場所を冷やすと、血管が収縮し痛みが緩和するといわれています。

 

【群発頭痛の対処法】

●昼寝をしすぎない

不規則な睡眠リズムによりホルモンの分泌などに作用し、群発頭痛を悪化させる原因となります。
規則正しい生活を心がけ、昼寝をしすぎないようにしましょう。

 

●アルコールの摂取を控える

アルコールを摂取すると血管が急激に広がるため、頭痛が起こりやすいといわれています。
群発頭痛が起こっている間のアルコール摂取は控えるのが望ましいです。

 

【緊張型頭痛の予防法】

●自分に合った高さの枕を選ぶ

自分に合った高さの枕を使っていないと、首の筋肉が緊張し頭痛を誘発します。

寝たときに、首と枕の間に隙間ができない高さの枕がよいといわれています。

また、枕は頭だけを乗せるのではなく、肩上部まで乗せるようにしましょう。

 

●入浴する

緊張型頭痛は、血行不良が原因の1つです。
入浴によって全身を温めることで、血行がよくなり緊張型頭痛の予防につながります。

入浴するときのお湯の温度は、40℃前後が目安です。
お気に入りの香りの入浴剤を使うと、心の緊張も緩和することができます。

 

●ヘッドマッサージを行う

緊張型頭痛の主な原因は筋肉のこりです。
ヘッドマッサージによって、頭部の筋肉をほぐすことで頭痛予防につながります。

特に「頭頂部」「後頭部周り」をほぐしておきましょう。

 

【片頭痛の予防法】

●ブルーライトを軽減する

ブルーライトは、網膜まで到達する強い光だといわれています。

片頭痛の方は刺激に弱い傾向にありますので、強いブルーライトの光を浴び続けると、気分が悪くなることがあります。
ブルーライトをカットするフィルムやめがねを活用し、ブルーライトを軽減しましょう。

 

●規則正しい生活を心がける

「寝不足」「過眠」を避け、規則正しい生活を心がけましょう。
ストレスも頭痛の原因となりますので、適度に身体を動かしストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

【群発頭痛の予防法】

●禁煙する

メカニズムは明らかになっていませんが、群発頭痛は喫煙者に多くみられます。

タバコが何らかの影響を与えていると考えられるため、禁煙をするか、頭痛が出ている間は控えましょう。

 

●マグネシウムが含まれる食品を摂る

セロトニンという神経伝達物質には、叉神経の興奮を招く伝達物質の分泌を抑える働きがあります。
そのため、群発頭痛を予防するには、セロトニンの調節に関わる「マグネシウム」を摂取することが大切だと考えられています。

マグネシウムは、「大豆食品」「魚」「ひじき」「わかめ」「しいたけ」などに多く含まれています。
日頃からこれらの食品を意識して食べましょう。

厚木腰痛肩こり整体研究所【頭痛】アプローチ方法

日本人の多くが大なり小なり頭痛を抱えているとされており、「腰痛」「歯周病」と並んで国民病といわれています。

「緊張型頭痛」は、首や肩周りの筋肉が緊張することで血管を圧迫し、脳への血流が不足することで起こります。
逆に「片頭痛」は、脳への血流が急に増すことで起こります。

つまり、緊張型頭痛と片頭痛はある意味表裏一体であるともいえます。

頭痛で医療機関へ行き「原因不明」と診断を受け悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、原因不明とされる頭痛の多くに「血流」が関わっています。

つまり、普段から一定の速度で血液が循環していれば、緊張型頭痛も片頭痛も起こりにくくなるのです。

そのため、厚木腰痛肩こり整体研究所では、頭に近い首や肩への負担を減らす調整だけでなく、ふくはらぎの施術も行っています。
ふくらはぎは「第二の心臓」を入念にマッサージ&ストレッチすることで、身体全体の血流が改善するからです。

「慢性頭痛に悩まされている」「どこに行っても頭痛が治らない」という方は一度、厚木腰痛肩こり整体研究所までご相談ください。

  関連コラム Column

   おすすめトピックス    Topics

当院のご紹介 About us

院名:厚木腰痛肩こり整体研究所
住所〒243‐0201 神奈川県厚木市上荻野255-8
最寄:小田急電鉄 本厚木駅発 バスで30分(東谷戸入口下車)
駐車場:P3台有
                                                                                                                             
曜日 日・祝
受付時間 10:00

20:00
10:00

20:00
- 10:00

20:00
- 10:00

18:00
10:00

18:00

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウントフォローお願いします!