手足のしびれでお悩みの方へ

手足のしびれによくある症状

  • PC作業が多く指がしびれる

  • 普段から手足が何となくジンジンする

  • 何かに触れると、ビリッとしびれる

  • 物を持ったときに、手足に力が入らない

  • 手袋をはめているような感じがする

  • 洋服のボタンがうまく止められない

  • 足がしびれて、つまづくようになった

  • マスの中に文字を書き込めなくなった

代表的な手足のしびれの症状とは?

手足のしびれに悩まされたことはありませんか?手足のしびれは、その原因によって異なる症状が現れてきます。手だけがしびれる場合、足だけがしびれる場合、手足がしびれる場合があります。

症状としては、何もしていないのにピリピリしびれる、しびれによって物がつかめない自分の身体ではないような感覚を覚えるなどがあります。

厚木腰痛肩こり整体研究所メニュー Menu

どうして手足がしびれてしまうのか?

しびれを起こす代表的な原因には以下のものがあります。

1.脳血管障害

しびれを起こす疾患で最も危険な疾患と言えます。脳血管障害とは、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など、脳で起こる重大な病気の総称です。

脳血管障害を起こすとしびれだけではなく、右・左どちらかの手足の麻痺や、呂律が回らないなどの症状を伴うのが一般的です。

2.頚椎症

頚椎とは首の部分にある7つの骨のことです。その頚椎から出ている神経が圧迫される疾患を頸椎症と呼びます。

神経が圧迫されることで、手足などにしびれや痛みが生じる、手を動かせなくなる、歩いているだけでつまずくなどの症状が現れます。

3.糖尿病性神経障害

糖尿病によって手足などの末梢神経に障害が発生する疾患です。手足のしびれの他に感覚障害が起きることがあり、素手・素足なのに手袋や靴下を履いているような感覚を覚え、熱さや冷たさを感じなくなります。

4.手根管症候群

手だけのしびれの場合の多くが手根管症候群です。指先の感覚や運動を司る正中神経が手首の内側にある手根管で圧迫を受け、しびれや痛みが出ます。

特に、中指の指先のしびれが強い場合、手根管症候群を疑ったほうがいいかもしれません。

5.腰椎椎間板ヘルニア

腰の部分には、骨と骨の間でクッションの役割をする椎間板があり、その椎間板が飛び出してしまうのが腰椎椎間板ヘルニアです。脚がしびれたり、痛みを感じたりします。

ですが、上記のような疾患ではないにもかかわらず、手足がしびれている場合があります。しびれは神経の圧迫から発症することが多いので、筋肉や関節によって神経が圧迫されているのかもしれません。

手足のしびれはこんな方法で改善されます!

重度な疾患の場合は速やかに原因を特定し場合によっては手術が必要なこともあります。ただし、軽度のしびれの場合は暴飲暴食を控え、定期的に運動するなどの日常生活を見直すことで改善できる可能性があります。

また、寒さや圧迫、筋肉の緊張などによる血行不良があると、手足のしびれの起きることがあります。その場合は、血行を改善するとしびれが解消します。血行を良くするには、ストレッチなど適度な運動を行って筋肉をほぐすと良いでしょう。

そして、血管を締め付けるようなきつい衣服や下着は避けるようにしましょう。なお、手足を適度に温めることも血行の改善に効果があります。

脚のしびれの場合は、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかって血行を良くしましょう。また、湯船の中で足裏から付け根にかけてマッサージすると、さらに血液の流れが良くなります。

新陳代謝を良くすることも血行の改善につながります。そのためには、糖質をエネルギーに変えて筋肉に供給する働きをするビタミンB群を摂取することが効果的です。中でも、ビタミンB12は神経の働きを保つ上で重要な役割をします。

他にも、規則正しい生活や禁煙はしびれの改善のためのキーポイントとなります。

当院の手足のしびれに対するアプローチ

正座をした後に足がしびれる経験をしたことはありますよね?ただ、原因が分からないのに手足にしびれが出ると不安になるものです。もしかして脳に問題があるのでは?と思い悩むこともあるのではないでしょうか。

ですが、実際に手足のしびれを訴えて神経内科などで検査を行っても、「脳には異常ありません」と言われるケースも多くあります。では、なぜ手足にしびれが生じるのでしょう。手にしびれが生じる原因としては、手の神経沿いに筋緊張が生じていることがあげられます。

首の前面には斜角筋という筋肉がありますが、斜角筋の筋緊張によって腕神経叢と呼ばれる神経の束が圧迫されると、手のしびれが生じやすくなります。また、手に至るまでのどこかの部分で圧迫が起こることで、やはり手のしびれにつながります。

足のしびれの場合は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の可能性もありますが、やはり足先に至る神経がどこかで圧迫され、しびれを生じさせている可能性があります。

いずれにせよ、しびれを改善するためには検査をしっかりおこない、原因を突き止めたうえで的確な施術をおこなうことが重要です。

そして、筋肉は酸素が不足することで、しびれを生じるということを覚えておいてください。
正座をした後に足がしびれることからわかるように、血管が圧迫されて血行を阻害することで酸欠状態を起こすと、しびれが生じやすくなるのです。つまり、神経沿いの筋緊張を探ることで、しびれの根本的な改善が期待できるのです。

  関連コラム Column

   おすすめトピックス    Topics

当院のご紹介 About us

院名:厚木腰痛肩こり整体研究所
住所〒243-0201 神奈川県厚木市上荻野255-8
最寄:小田急電鉄 本厚木駅発 バスで30分(東谷戸入口下車)
駐車場:P3台有
                                                                                                                             
曜日 日・祝
受付時間 10:00

20:00
10:00

20:00
- 10:00

20:00
- 10:00

18:00
10:00

18:00

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウントフォローお願いします!