院長の挨拶

小さい頃はケガとの戦いでした…

小さい頃から野球が大好きで、高校までずっと続けていました。
キャプテンでピッチャーをしていた小学生の頃に、投げ過ぎによる肩の腱板損傷を起こしてしまいました。
そして、激しい運動が原因で、成長痛と言われている膝のオスグットにもなりました。
右肩は、ちょっと力を入れて投げるだけでも激痛…、左膝は軽く触れるだけでも激痛…、この時はじめて整形外科に毎週のように通い始めました。
このような状態で、中学に上がり、痛みを引きずりながら一生懸命野球をしていました。しかし、一向に良くならない肩と膝の痛みは、次第にフォームを崩す原因になってしまい、ちゃんとまっすぐに投げれない状態になってしまったのです。
当然、ピッチャーも行うことも出来ず、守備も危うい状態。
病院に通えども治らない肩と膝の痛み…、病院の先生からは、腱板損傷や筋肉損傷…、石灰が溜まっているなど、いろんなことを言われました。電気を当てたり、温めたり、運動療法をしたり、湿布や塗り薬などいろいろ試しました。
そして、ついに先生から「気持ちの問題だ」と言われる始末…。
絶望的でした。
なぜ、治らないんだろう。皆は、元気に野球をしているのに、なんで自分だケガ痛みと戦っているのだろう。
はじめての挫折は、この小さな頃に経験しました。

トレーナーの道へ

痛みと戦い、高校では硬式野球部に所属し、メンバーにも選ばれました。
ベストパフォーマンスだったら…と、悔やまれるクラブ活動でした。
そんな生活でしたが、私に転機が訪れます。体育の功績が認められ、学校から体育功労賞をいただいたのです。
それをきっかけに、スポーツトレーナーの道に進むことになります。
スポーツによるケガ(スポーツ障害)や身体のことをもっと良く知りたい!という想いに胸に。。
スポーツトレーナーの専門学校に進み、解剖学、スポーツ生理学、スポーツバイオメカニクスなどを勉強していくうちに、私のケガ(痛み)の仕組みが見えてきました。
なぜ私はケガに悩まされたのか、という理由がハッキリと解ったのです。
しかし、当時のスポーツ治療というのは限界があり、画像診断(レントゲンなど)で手術を必要とする状態でなければ、治療法はだいたい同じ。
やはり、私が受けてきた西洋医学の治療法に、疑問を抱いたのです。
今の治療法では良くならない痛みがある。痛みは絶対に治るはず!次のステップを考えることを決意します。
しかし、アメリカのアリゾナ州立大学での人体解剖や最新のトレーニング環境を目の当たりにして、人間離れしたスポーツ選手たちを見たり、その現場に立たせていただいたことは大きな財産となりました。

整体の学校へ

東海大学強化指定クラブのトレーナーや市営のスポーツトレーナー、民間のフィットネスクラブでパーソナルトレーナーとして活動しながら、2年制の整体学校へ進学しました。
西洋医学ではない『整体治療』の分野を知りたかったからです。
そこで、より治療に特化した勉強がはじまりました。
整体学校主席で卒業!
朝から学校、夕方から夜23時まで仕事。土日祝日返上で忙しい生活を送っていました。それでも、毎日が充実していました。
習った技術を自分の身体に応用したりして、技術を磨いていきました。
これまでの人生の中で、もっとも頑張った時期でもありました。
そして、整体学校を最優秀賞(主席)で卒業し、特待生として研究科への進学を薦められました。
しかし、ここで天狗になっていた私は、卒業と同時に開業をすることを決意します。
ここまでで、私の肩の痛みは6割減していました。(完璧まではあと少し!)
開業!そして、永遠の仲間との出会い…
晴れて開業した私は、自信をもって仕事をはじめました。
しかし、クライアントさんは来てはくれるものの、なかなか完璧には治りませんでした。
そこで、より高いレベルを求めて、様々な治療法を学びに、休日はセミナーや講習会、勉強会などに積極的に参加しました。
私と同じように、技術研鑽している治療家さんとも仲良くなったり、「またお会いしましたね。頑張りましょう!」と、励まし合ったりと、今でも心の支えになっています。
最高の仲間との出会いでした。

『動きの3大指標』との出会い

様々な治療法を学び、それを臨床で応用したり、自分自身に施してみたりと試行錯誤をしていく中で、私なりの慢性痛改善のポイントを発見します。
それが、『動きの3大指標』でした。
学んだ技術の共通点を探ったり、痛みが改善していくポイントを絞っていくと、3つの動きに集約されていることに気が付きます。
さらに精度や再現性を高めるために、新しい技術も開発してきました。
それを繰り返していくうちに、なかなか良くならなかった痛みが、私の目の前でどんどん良くなっていく、楽になっていくことが普通の光景になってきたのです。
もちろん、効果には個人差がありますが、ほとんどの方がよい反応を示すようになったのです。
そして、私の肩の痛みも完璧に改善していました。
(今の肩であれば、今頃プ◯野球選手…(笑))

技術を広める活動もはじめる

動きの3大指標をもとにASテクニック(厚木整体テクニック)を開発しました。
県外から噂を聞きつけて、当整体を学びにプロのセラピストさんも来てくれています。
一家に1人、家庭で治せるセラピスト向けの講座』も開講し、積極的に育成活動も行っています。
ひとりでも多くの痛みで困っている方に、この技術を受けて欲しいと本気で思っていますし、それだけの価値があると信じています。
もちろん、技術の追求は永遠ですが、現状において最高の施術が提供できると自負しています。
あなたの痛みが、根本から治っていきますように、厚木腰痛肩こり整体研究所から祈っています。

あなたとあなたの周りに、良いことが雪崩のごとく巻き起こりますように

当院のご紹介 About us

院名:厚木腰痛肩こり整体研究所
住所〒243-0201 神奈川県厚木市上荻野255-8
最寄:小田急電鉄 本厚木駅発 バスで30分(東谷戸入口下車)
駐車場:P3台有
                                                                                                                             
曜日 日・祝
受付時間 10:00

20:00
10:00

20:00
- 10:00

20:00
- 10:00

18:00
10:00

18:00

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウント 厚木腰痛肩こり整体研究所では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】厚木腰痛肩こり整体研究所 SNSアカウントフォローお願いします!